木を学ぶプログラムトップ

林業(伐採、製材)体験

直径20センチ程度の杉の木1本を倒し、芯材では角材を作り、端材からは薪や杭などを作り、無駄なく山村の暮らしに活かす術を体験します。

今の日本では直径20センチ程度までの間伐材は、ほとんどのものが山林に放置されています。 役に立たないからではなく、作業手間に対して売値が釣り合わないためのやむを得ない処置でもあります。

そんな間伐材をうまく利用する術を持つ人が各地に増えてくることで、身近な山林を有効利用し、荒廃する林も守り育てることにもつながるかもしれません。一本の杉の木から林業と建築と田舎暮らし、そして自然との共生を実感できる1日充実の山村体験です。

団体向けのプログラム、子供も参加するプログラム、また教育的なプログラムなど内容をアレンジして開催することができます。ご検討の方は一度お気軽にお問い合わせください。

林業(伐採、製材)体験 参加要項

 開催期間  10月〜6月
 参加費  ■一般(1〜3名) 24,000円(税込25,920円)/1グループ
 ■一般(4名から) 6,000円(税込6,480円)/お一人様
  ■団体(11名以上) 人数によって割引できます。ご相談ください。
 参加対象  小学4年生から(小学3年以下の場合、親同伴で参加可能)
 集合時間・場所  午前10時/田歌舎
 所要時間  約4時間
 参加費に含まれるもの  保険代、昼食
 持参していただくもの  動きやすい服装、靴、軍手、雨具 など
 昼食について  参加費に含まれています
 最小遂行人数  4名様から(3名様以下の場合、追加料金をいただきます)

研修制度のご案内

1DAYプログラムにあるような鹿の狩猟・解体、鶏捌き、林業(伐採、製材)体験について、数時間の体験として終わらせず、しっかりとした技術習得を目的として学びたい、という方向けの「研修制度」を用意しています。

研修制度は、3日〜2周間程度(日程は要相談)の期間、田歌舎に滞在していただきます。その間に技術習得に向けて、例えば鶏捌きをマスターしたい方にはひたすら鶏を捌いてもらったり、製材にチャレンジしたい方には、やり方を教えて実際に気の済むまで挑戦してもらったり。

そうして実践を繰り返す中で、技術の習得・レベルアップに挑戦していただく、といったプログラムが田歌舎の研修制度です。これといって決まった形式があるプログラムではないので、研修に参加したい方の要望に合わせたプログラムを提案します。 興味がありましたらまずは一度お問い合わせください。